注文住宅建てたけど…いろはの「失敗談&プチプラ失敗対処方」

居住年数8年でたくさん出てくる「後悔・失敗と思う事・使いづらさ」。そしてそれをセルフリフォームで解決していきます!

インテリアに馴染む!衛生面◎なオートマチック泡ハンドソープ

time 2018/02/02

インテリアに馴染む!衛生面◎なオートマチック泡ハンドソープ

ミューズ ノータッチ泡ハンドソープ 見た目&使い勝手の感想

今、私が住んでいる地域ではインフルエンザが大流行です。

長女が通っている幼稚園ではそこまでではないのですが、なんと担任の先生がインフルエンザにかかって出勤禁止になってしまいました!

先生がお休みする前日は雪のため自由登園となっていて、長女の組はなんと3人しか登園せず・・・

インフルエンザウィルスを保持していた先生と濃密な時間を過ごしてしまいました。

 

「やばい!!💦長女にもインフルエンザがうつったかも!!」

 

なんて心配してしまいましたが、先生と最後に会ってから6日が経過。

熱が出る気配も、のどを痛がる様子もなく、平穏無事に過ごしています。

 

とりあえず先生からのインフルエンザウィルスにはかからなかったようで一安心!

 

これも日ごろから気をつけてやっている「手洗い・うがい」の成果だと思いました。

手洗い,うがい,泡ハンドソープ,自動

 

家族でも共有はNG!!うがいコップは1人1つずつ

洗面所は出来ればすっきりさせたい!

と、常々思ってはいるのですがうがい用のコップはやはり1人につき1つ必要だと思い用意しています。

子どもは自分が口を付けたコップを使い終わったら洗う事も出来ないので・・・。

うがいをしたがために他からもらってきたウィルスが家族にうつってしまっては元も子もありませんものね。

 

 

そして、もう1つ大事なのは

ハンドソープ!!

大人にとっては軽くプッシュできるハンドソープの容器ですが、身長が低い子供にとってはなかなか力がいるものです。

上手く押すことが出来ずハンドソープをシンクに倒してしまったり、容器の周りを泡だらけにしてしまったり・・・余計菌がいろいろなところについてしまいそう💦(;”∀”)

そこでこのような秘密兵器を投入しました!

手をかざせば自動で出てくる「ノータッチ、泡ハンドソープ」です。

実際に使ってみて…ミューズ ノータッチ泡ハンドソープの長所

ミューズ泡ハンドソープ,オートマチック,感染予防,人気

  1. 手をかざすだけで必要一定量出てくるので子どもでも扱いやすい(無駄遣いがない)
  2. どこにも触れないので感染予防ができる
  3. コンパクト設計で置く場所を選ばない

薬用せっけん ミューズ ノータッチ泡ハンドソープの短所

  1. 電池代がかかる(家族4人で使っていて4カ月くらいで取り替えてます)
  2. 詰め替え容器が高い!(キャップが外れないので詰め替え品を購入しなければならない)

 

 

詰替えボトル(250ml)は大体一つ500円くらいです。

今まではビオレUの業務用泡ハンドソープ2Lを1200円くらいで買っていたのでとってもと~~~っても割高・・・💦

 

センサーのための電池代は大したことないですが、このせっけん代はかなり痛いです!

容器は同じものを使えて簡単に自分で詰め替えることが出来れば完璧なのに・・・。

 

まとめ

衛生面、そして子供達が扱いやすい点を考えるととっても便利です。

さくら&いろは、そして遊びに来たお友達もとても楽しそうに手を上手に洗っています♪

 

見た目もスッキリしていて洗面台、またキッチンにも馴染むこと間違いなし!

ディスペンサー本体とハンドソープボトルのセットで約1300円というのも手が出しやすい金額です。

 

しかし、詰め替えボトルが割高なのでそこはちょっと考えモノですね。

 

製品としてとっても便利なのでおススメです♪





お読みいただきありがとうございました。
ぽちっとしていただけると励みになります。
にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ
にほんブログ村

応援宜しくお願いいたします♪

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

いろはのプロフィール

いろは

昭和58年生まれ! 主人と2女1男の5人暮らし! 子供が産まれる前に建てた注文住宅の失敗談やこうすれば良かったことなどを紹介しています!

お知らせ°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°


メルカリにて”文字変更可能”な耐水ラベルの販売を始めました~!
基本は調味料や洗剤ラベルですが、おもちゃや洋服の仕分け用ラベルへの変更も出来ます♪



住宅ブログランキングへ